今を生きる私たちが、未来の子どもたちにどんな千葉を引き継ぐことができるか、一緒に考えることができれば嬉しいです。          


by bakin_yume
市民の、市民による、市民のためのエネルギー講座第3回は、
原発の是非ーその判断の根拠は? という非常に興味深い題名でした。
講師は、元千葉大教育学部教授の稲葉秀明先生です。

稲葉先生は 3.11以後、科学者の責任としてご自分でも勉強されてみえたそうで、
資料も 改めて原発とはどういうものかを再度確認できるものでした。

稲葉先生の講義の前に
福島第一原子力発電所の汚染水が海に流れだすのを防ぐために建設されていた
凍土壁の問題、さらに結果的に予定通り凍らないという報道がされました。
何事も 100%ということは無い、というのが私の考えですが、
今回も「またか」の後に 計画の甘さに 言葉が続きません。

稲葉先生の講義の冒頭で
原発問題を考えれば考えるほど、賛成と反対が極めて明確に分かれていく、
という事実があります。なかなかその中間というのはない。それで絶対安全と
いう人達がいるかと思うと、それに対向するかのように、極めて危険というのが、
あらゆる場面で平行線のままきてる。これを二項対立というふうに表現している
と言われました。
確かに 何事も持論が正しいと強調すれば、接点を求めるのは難しいと思います。
しかし原発に関しては、福島第一原発事故から3年以上すぎても、汚染の広がりを
克服できない、現状を見ても、絶対安全なんて どうしたら言えるのか。

その二項対立を克服する道として稲葉先生は
市民参加といいますか、一人一人の国民というか皆さんが、どういうふうにこの
議論の中に参加して、世論を形成していくのかというのが一つの克服する道じゃない
かなと思うわけです。
と提案されています。
政治家におまかせではなく、様々な情報を得て、判断し、どうすべきか、私達自身が
考えて、発言していくことが大切だと私も思います。
そのためにも この連続講座を情報を得る1つの手段として、参加してほしいと思います。

稲葉先生は
科学への信頼が揺らいでいる。小保方さん問題もそうなんですけども、そこのその
原因というのを考えますと、科学の領域からの踏み越えというのがあるんじゃないかと。
つまりその絶対安全なんて本当は言えっこないんです。それを言っちゃうということ、
それが問題だということです。その1つが隠すといいますか、情報をこう隠してしまう。
それから安全かどうかわからんというかグレーゾーンといいますか、そういうところを
どういうふうに考えていくかというのが非常に問題だろうと。」
科学だけでなく、あらゆるものが100%安全ということはないと思います。
安全でないから、安全対策がなされるのであり、より安全を求めて技術も進んでいくのだと
思います。福島第一原発事故直後も情報が国民には知らされなかったことがありました。
そうやって隠されると、「未だ何かあるのでは?」と さらに 「原発反対」の声が
大きくなると思います。
原発推進派のある教授が ある講演会で原発事故と自動車や飛行機の事故を比較して
こんなことを言われました。「飛行機は事故が起こればほとんど全員が死亡する。
この講演の帰りに自動車事故に合うかもしれない。でも、みんな飛行機や自動車に
乗る」事故の確率ではなく、原発事故が起きれば、未来の安全をも奪ってしまう、
そこに住むことができなくなってしまう、私が原発に反対する一番の理由は
それと 廃棄物が10万年以上安全に処理できないことです。

宇宙戦艦ヤマトというアニメがあります。第1作目は放射能に汚染された地球を
救うため、放射能除去装置を14万8千光年離れたイスカンダルまで取りに行くという
内容です。そういうものが発明されれば、少しは 考えるかもしれません。
三菱重工だったか、開発したという話も聞きますが、本当にできればいいですね。





[PR]
# by bakin_yume | 2014-07-08 00:02 | 原発・放射能・再生可能エネルギー
「市民」とは、

千葉大学大学院工学研究科の佐藤先生から わかりやすい説明がありました。

 この連続講座の「市民」という言葉を聞いて 
「千葉市民でないけれど参加できますか?」という声を複数聞きました。
千葉市で「市民」と言われると、確かに 「千葉市民か」と思いますが、
「市民」を辞書で引くと 一例として
・市の住民、都市の住民
・社会を構成する自立的個人で政治参加の主体となる者。
とあります。
連続講座でいう「市民」は後者になります。

佐藤先生がのべています。
「『自立性』という言葉とか、『公共性』という言葉、それから『能動性』と
いうような言葉を深く含めたものとしての『市民』」
「個人というのが責任をもって判断できるというような人をあらためて『市民』という」
そして、
『市民』と『自立して考える市民像の確立』ということを意図しまして、
『市民の、市民による、市民のためのエネルギー講座』ということを企画しました。」と。

 「市民」の意味、少しは分かってもらえましたでしょうか。

 「どうせ、・・・・」そんなことを言って 何もしなければ、声を上げなければ
決して私達が良いと思っている方向に変わる可能性は少ないと思います。
オイルショックだ、バブル崩壊だ、と生活が180度変わっても、また、
同じことを繰り返していたら、「契機が上向き」になっても、いつかジェットコースターの
下りが待っているだけかも。
人任せでなく、自分で考え、行動できるような「市民」に みんなでなりたい。
だって、一人では動かせないものも、大勢なら動かせる可能性も大きくなるから。


[PR]
# by bakin_yume | 2014-07-01 23:18 | 原発・放射能・再生可能エネルギー

映画「ポンペイ」

「ポンペイ」その映画の題名にひかれて 行ってみました。
 
 ポンペイは私が訪れた数少ない海外の中で、他の地と違う不思議な印象を
残しています。私がポンペイを訪れたのは、今から45年前。ジャンボもなく
ヨーロッパまでほぼ1日がかりでした。
 ローマから南下し、ナポリからソレントへの途中で寄ったと思います。
 印象的だったのは、富士山の上を削ったようなヴェスヴィオ火山と
まっすぐに伸びる石道路です。遺跡は復元され、町が消えるほどの噴火でも
よくこんなに残っているなと。ただ、死体の彫像だけは信じがたいものでした。
表情は見えませんが、全身が苦しみを表しているのは 反抗期真っ盛りの私にも
分かりました。

 映画の感想を言えば、少々期待はずれでした。失われる前のポンペイをどんなふうに
再現(CGと思いますが)されるか、楽しみでした。それはあまりなく、ローマが制圧した
諸国の剣闘士(奴隷)を中心とした(グラディエーターを思い出しました)ものだったのかなあと。

 ただ、ヴェスヴィオ火山が噴火する場面では、富士山が噴火するときは こうなるのか
と、一見の価値はあったかなと思いました。
 ポンペイが消えた79年のヴェスヴィオ火山の噴火は、ブリニー式噴火といわれ、
1707年の富士山の宝永大噴火(静岡側からみると左手前に噴火位置が見えます)
も ブリニー式噴火といわれています。
ブリニー式噴火とは、巨大な噴煙柱が大気中に拡散し、異常気象など広範囲に大きな影響を
与えるそうです。
天明の飢饉を招いた1783年の浅間山噴火もブリニー式噴火だそうです。

 改めて、地震が起きたら、富士山が噴火したら そういう想定で いろいろ考えさせられ
ました。
 以前、聴講した時の話に、災害が起こった時に自分を守るには、その瞬間にどう行動するか、
を常に考えていることだと聞いたことが有ります。地震が起こってもまず見の安全を確保、
といいます。ところがとっさの時どれだけ冷静に行動できるかというとなかなか出来るもの
ではないと思います。そのため、例えば、電車に乗った時、今 脱線事故が起こったら自分は
どう行動するか、そういうシュミレーションを描くことに寄っていざというときに役に立の
とのことでした。
 映画の中で逃げ惑う人たち。逃げる手段として選んだ港は津波で破壊され、船も消えていきました。
 逃げるときもわれ先にでは結局混乱を招く。どうすればみんなが安全に避難できるのか。
 3.11の津波から避難する人たちの様子を思い出しました。指示を待つだけでなく、常に自分たちで
考え、いざとなったら、周囲の人と協力し合える、そんな地域を作っていくことも必要かなあ。
 備蓄などはできても、その他は・・・・・・ うーーーん、考えちゃいました。

[PR]
# by bakin_yume | 2014-07-01 22:58 | ハンドルの遊び

人参の花

92歳になる父は 一人暮らしをしています。安全確認も兼ねて a0247884_22130479.jpg
夕食は市の配食支援を受けていますが朝・昼の食事、洗濯など
身の回りのことは自分でしています。大正11年生まれにしては
昔から家事を手伝う人でしたので、「男子厨房に入らずの時代に
育ったので、炊事は苦手だ」と言いながら、「骨付きの肉は旨い」
と結構な腕前です。

人参のへたから芽がでていたからと、未だ寒い時期に植えたようです。
毎月、行くたびに「大きくなった」と
その成長を嬉しそうに話してくれます。
その70センチぐらい伸びた先に コデマリのような花がついていました。

その傍には、5月末に種を植えたというひまわりが15センチほどに
育っていました。植え替える場所の草取りをしてきましたので、
父は楽しみに植え替えるのだと思います。上手く植え替えができ、
大きく育ってほしいと思います。
a0247884_22133255.jpg

  青春といわれる時期に戦争を経験した父の話は、
  野球と戦争の話が殆どになりました。
  特に、飛行機から爆撃を受け、痛みで動く
  中隊長を 隊を守るため
  「一緒に死のう」と必死で押さえていた話を
  よくします。そのことを鮮明に思い出すそうで、
  「あの時は死を覚悟した。生きていたのが不思議
  なくらいだ。」「よく思い出すのはお迎えが近い
  からかなあ」と 微笑みながら話していました。
  「戦争は日本に資源がなかったからだ。原発が
  止まり、資源のない日本はどうなっていくのか」
  と心配しています。
  再生可能エネルギーの供給量が需要を満たす日本を見てほしいなと思います。

  伸びた人参の葉を食し、人参の花を眺めていて、捨てられるものも十分活用出来る、小澤先生の
  「捨てている熱は回収すれば十分使える」そんな言葉を思い出しました。

[PR]
# by bakin_yume | 2014-06-18 22:42 | 独り言
エネルギーの無駄をなくそう!!

小澤先生の講演の中で無関心でいてはいけないと感じたのは、
投入されたエネルギーが全て活用されるのではなく、そのほとんどが
損失し、実際似活用されるのは投入されたエネルギーの1割~2割
位だという話です。
原発の発電でも 投入されたエネルギーの内、3割しか活用されていない
と聞いたことが有ります。
「日本に投入されたエネルギーの総量。これに対して使った量は3分の2
ぐらいだった。実際に使った量は3分の2ぐらい。つまり3分の1はどこかで
消えているわけです。」と小澤先生。
では、3ぶんの1はどこに消えたのか?さらに先生は
「実際に本当に私たちが必要なものに使われているエネルギーは投入
エネルギーの例えば2割とか、もしかすると1割くらい、そんなくらいに
なってしまうかもしれない。こういった無駄なことをやってエネルギーを
浪費しているのが今の社会です。」と。
私が理解できる説明は
「発電用が増えれば増えるほど、損失が増えてしまうことになります。
最終エネルギー消費、この3分の2が、投入の3分の2が全部使われているか
というと実はそうじゃなくてこの使うところでも損失があります。」
「運輸用はほとんど自動車燃料、ガソリンあるいは軽油ですので、
エンジンのエネルギー効率、利用効率が2割から2割5分くらいしかない。
燃やしたガソリンの4分の1くらいしか推進力にならない。ですから
運輸部門はこんなに損失が多いわけです。」
「典型的なものは暖房や冷房に使うエネルギーです。特に冬場の
暖房期間は東日本、東北、北海道では長いですから、これが壁や窓や
天井や床を通じてせっかく投入したエネルギーが逃げていく。」
なるほど、投入した熱量が有効的に利用されていないということなんですね。

そういえば、我が家はガスですが、お風呂やキッチンでお湯を出そうと思うと
しばらくは水が出てきます。お湯を使わなくなっても、しばらくは水用の蛇口から
お湯が出ます。その水道管に残ったお湯はいずれ冷めて行きます。これも
エネルギーの無駄なんですね。 家ではそれがわかっているので、上手く
お湯が出るまでの水の利用や 水道管に残ったお湯も使うようにしていますが、
大きく見れば、日本中で そういう無駄がたくさん出ているんですね。

では、そのムダをどうすれば 無くすことは無理でも、少しでも減らせるのか。

小澤先生は、オール電化もモデルにした場合について、
「大規模集中型の遠くにある発電所から来ると60が先ず発電所で失われて、
から運ばれてくるまでに延々と先ずは超高圧にあげてから変電所で下げて
また家の近くで下げてという、この変電のロスも大きい。それから途中の
送電のロスも大きい、100のうち5が失われる。ですから35くらいしか届か
ない。テレビとか照明とか普通電気を使うもの、テレビは電気でしか動き
ませんが、こういったものに14、暖房とかお湯に21使われる。この暖房とか
お湯がミソです。これは500度とか1,000度とか必要ないので、50度、60度、
お風呂なんか40度あればいいわけで、暖房も30度、床暖房が35度とか40度
くらいで十分。そんな温度にわざわざこの電気を使っているわけです。
一方でこの捨てている熱は十分にまだ回収すれば使える熱です。」
そこで、遠くから運んでくる間のロスを少しでも少なくするために
小規模発電所が近くにあれば、ロスも少なくなり、回収も出来るという
ことです。

小澤先生がそのロスを無くす方法として言ってみえるのは
コジェネレーションです。
コジェネレーションとは熱源から電力と熱を生産し供給するシステムで、
発電機で電気を作るときに使う冷却水や排気ガスを給湯や冷暖房に使う、
TVでも宣伝されています。
「電気と熱を一緒にやればいい。そうすると非常に効率、投入エネルギー
そのものを減らすことができる。捨ててる熱をしっかりと回収して
使おうという考えです。これが今の大規模集中型ではなかなかできません。」
しかし、設備に高額な資金が必要になるので、一定の地域で熱需要の大きい
所と組み合わせた地域熱供給システムが良いと言ってみえます。

原発は動かしたくない、化石燃料は使えなくなってくる、それに失う
エネルギーが多いということは、化石燃料産出国に無駄分も支払っている、
そんなこともしたくない、
それには こういう仕組みを知って、どうすることが一番無駄なく
効率よくエネルギーを使えるか、そこから考えないといけないなと
教えられてような気がします。










[PR]
# by bakin_yume | 2014-06-06 22:27 | 原発・放射能・再生可能エネルギー