今を生きる私たちが、未来の子どもたちにどんな千葉を引き継ぐことができるか、一緒に考えることができれば嬉しいです。          


by bakin_yume

カテゴリ:ハンドルの遊び( 5 )

月1回のプリザーブドフラワーは、それに集中出来る時間がとても心地よく
リフレッシュできる時間です。

11月は、12月のクリスマスを控え、クリスマスリースでした。
紫のバラがとても綺麗で、いつもは綿花を入れて花を大きくしますが、
このバラは、花弁を7枚取って、貼り直して見ました。

結構時間がかかり、2時間半、かかってしまいましたが、
自分では満足できました。

大分早いですが
a0247884_19113194.jpg
左下の華麗な花に注目
a0247884_19114194.jpg

[PR]
by bakin_yume | 2014-11-08 19:13 | ハンドルの遊び

彼岸花

印西市の結縁寺に彼岸花を見に行きました。
私は自分の生まれた時期に咲く花からか、この彼岸花が大好きです。
彼岸花というと、どちらかとういうと日本人にはあまりよい印象はないようです。
死人花、地獄花、幽霊花などなど、本当に良い印象をモテそうもありません。
しかし、「曼珠沙華」という別名には法華経の仏典から由来するそうで、
学名のリコリスはギリシャ神話の女神、海の精ネレイドから来ているそうです。

彼岸花は全身毒性があるようで、昔、田の畦に植えられていたのをみたことが
ありますが、これは彼岸花の持つ毒で田畑を荒らすもぐらやネズミ、虫を避ける
ためだったそうです。
美しい花には毒がある、ということでしょうか。


手前の池には蓮がちらほら
a0247884_20031291.jpga0247884_20031928.jpg












                     神社の階段の下でのんびり散策

a0247884_19550240.jpg
a0247884_20041053.jpg
a0247884_20040349.jpg
a0247884_20035540.jpg

[PR]
by bakin_yume | 2014-09-25 19:44 | ハンドルの遊び

映画「ポンペイ」

「ポンペイ」その映画の題名にひかれて 行ってみました。
 
 ポンペイは私が訪れた数少ない海外の中で、他の地と違う不思議な印象を
残しています。私がポンペイを訪れたのは、今から45年前。ジャンボもなく
ヨーロッパまでほぼ1日がかりでした。
 ローマから南下し、ナポリからソレントへの途中で寄ったと思います。
 印象的だったのは、富士山の上を削ったようなヴェスヴィオ火山と
まっすぐに伸びる石道路です。遺跡は復元され、町が消えるほどの噴火でも
よくこんなに残っているなと。ただ、死体の彫像だけは信じがたいものでした。
表情は見えませんが、全身が苦しみを表しているのは 反抗期真っ盛りの私にも
分かりました。

 映画の感想を言えば、少々期待はずれでした。失われる前のポンペイをどんなふうに
再現(CGと思いますが)されるか、楽しみでした。それはあまりなく、ローマが制圧した
諸国の剣闘士(奴隷)を中心とした(グラディエーターを思い出しました)ものだったのかなあと。

 ただ、ヴェスヴィオ火山が噴火する場面では、富士山が噴火するときは こうなるのか
と、一見の価値はあったかなと思いました。
 ポンペイが消えた79年のヴェスヴィオ火山の噴火は、ブリニー式噴火といわれ、
1707年の富士山の宝永大噴火(静岡側からみると左手前に噴火位置が見えます)
も ブリニー式噴火といわれています。
ブリニー式噴火とは、巨大な噴煙柱が大気中に拡散し、異常気象など広範囲に大きな影響を
与えるそうです。
天明の飢饉を招いた1783年の浅間山噴火もブリニー式噴火だそうです。

 改めて、地震が起きたら、富士山が噴火したら そういう想定で いろいろ考えさせられ
ました。
 以前、聴講した時の話に、災害が起こった時に自分を守るには、その瞬間にどう行動するか、
を常に考えていることだと聞いたことが有ります。地震が起こってもまず見の安全を確保、
といいます。ところがとっさの時どれだけ冷静に行動できるかというとなかなか出来るもの
ではないと思います。そのため、例えば、電車に乗った時、今 脱線事故が起こったら自分は
どう行動するか、そういうシュミレーションを描くことに寄っていざというときに役に立の
とのことでした。
 映画の中で逃げ惑う人たち。逃げる手段として選んだ港は津波で破壊され、船も消えていきました。
 逃げるときもわれ先にでは結局混乱を招く。どうすればみんなが安全に避難できるのか。
 3.11の津波から避難する人たちの様子を思い出しました。指示を待つだけでなく、常に自分たちで
考え、いざとなったら、周囲の人と協力し合える、そんな地域を作っていくことも必要かなあ。
 備蓄などはできても、その他は・・・・・・ うーーーん、考えちゃいました。

[PR]
by bakin_yume | 2014-07-01 22:58 | ハンドルの遊び

趣味 「花のある空間」

この頃、というよりは 10年以上前から、老後の過ごし方について
考えることが多くなりました。
戸外での活動、テニスはアキレス腱を切ってから、どうも 積極的にできなくなりました。
水泳も好きですし、水の中はとても気持ちが良いですが、行くとなると半日、今はそんな
暇はなく。
そんなことをかんがえながら、ブリザーブドフラワーと水墨画をボチボチ始めてみました。

ブリザーブドフラワーは、本物の花を一旦脱色し、染めなおしたもので 香りは無いですが
生花と違って2~3年は美しさを保つそうです。
近くでレッスンの募集が有ったので、しばらく続けてみようと思いました。

1時間半ぐらい、作品を作ることに没頭するのは、とても気持ちが良いものです。
その上、1つの作品が出来、部屋に飾って眺めると 
「ここはこういうふうにしてみたい」
「あれを 足してみよう」
1つずつ パーツが増えていきます。

5月は涼し気なブルーを                        今月は 「アース&スカイ」と題した
基調にしたアレンジでした。                      空と大地をイメージしたアレンジで
                                器もひまわりの茎とシナモンで作りました。 
a0247884_21402220.jpg
a0247884_21393769.jpg
[PR]
by bakin_yume | 2014-06-06 22:14 | ハンドルの遊び
今日、青葉病院の病院の帰りに 青葉の森公園の梅園 によりました。天気もよく、青い空をバックに
梅の花が一層綺麗に見えました。
梅園には、数カ所、案内板が有り、それを便りにお目当ての梅花の鑑賞も出来ます。
満開とまでは行かないかと思いますが、見頃でしょうか。
ただ、昨年と比べると花つきが悪いように思います。
私は、濃淡のピンクのコントラストが美しい「豊後」が気に入りました。
「楊貴妃」という名の梅もあります。一国の皇帝を惑わすような艶やかなピンク色だったと思います。
今日は見つけられませんでした。また、来週、ゆっくりと行ってみたいと思います。
a0247884_10354332.jpg
はらっぱ梅林です。正面の看板が・・・            河津桜もそろそろ満開かな
a0247884_10464365.jpg
a0247884_10470047.jpg











a0247884_10572095.jpg

梅園のあちこちにムクドリが・・・。
どの群れも偶数です。 


梅の木では、ヒヨドリが木の穴から虫を
取り出したり、花をつついたり、
六感の活性にゆったりした時間を
過ごせました。






[PR]
by bakin_yume | 2014-03-12 23:13 | ハンドルの遊び