今を生きる私たちが、未来の子どもたちにどんな千葉を引き継ぐことができるか、一緒に考えることができれば嬉しいです。          


by bakin_yume

カテゴリ:未分類( 2 )

1.17 

阪神・淡路大震災から20年、その時生を受けた子は成人式を迎えました。
もう、そんな時が流れたのかと、何故か胸が苦しくなります。

その時、千葉でもかすかな揺れを感じました。何故か、私は5時半頃、
「地震?」と目があいたのを覚えています。1時間後、TVをつけ、
その後も次々映し出される映像にただただ、泪がでました。
私が成人式を迎えた歳は、阪神地区にいました。
友人と語らいながら歩いた道、ショッピングetc.... 
ゼミ仲間も倒壊した家屋で亡くなりました。
助けだされても、病院で亡くなった友人もいます。
助かった友人たちから当時の話を聞きました。怖い体験だったと思いますが、
それでも、「こういうものはこうした方が。こういうものは備蓄を」と教えてくれました。

楽しかった思い出のある街が壊れてしまった、しばらくは 訪ねることが
出来ませんでした。
7年前、やっと 神戸にいくことが出来ました。
全く新しくなった所、懐かしい建物。それでも 三ノ宮のよく通った店が
当時のまま残っていて、復興しつつあるんだと嬉しく思いました。

震度5強といわれた日向市の友人から聞いた話は
部屋があっちへこっちへとに歪んだ
アップライトピアノが歩くように動いた
TV(今のような薄型ではない)が台から飛び出て1.5㍍も飛んだ
その時の話を聞いて、我が家では、対策をさせてもらっています。
また、その後の余震の怖さ。
準備しておくと良いものは、体験者でなければわからないものもありました。
しかし、備蓄は結構場所を取りますね。

千葉市は、都市型地震災害といわれる阪神・淡路大震災の教訓を活かした
対策を、市民一人一人がしておく必要があると思います。

夕方、車で帰宅するとき、3.11の時、車で帰宅した時のことを思い出しました。
あの日は家まで帰りつけるかどうか、不安でした。 
大きな地震がきたら、車は道路脇に止めて、鍵をつけたまま徒歩で、
と言われますが、その時、本当に出来るだろうか。
まだまだ、考え、準備することはたくさんあります。

十数年ほど前、災害について某大学の教授の講演で
「普段から、もし、ここで災害が起こったらどうするか」を考えていると
いざとなった時に 冷静に行動できる」と聞いたことがあります。
人は暗闇になるとパニックに陥ると言います。私はいつも小さなLEDライトと
笛を持ち歩きます。いざとなったら、どう行動できるか分かりませんが、
「備えあれば憂いなし」何もしないよりはいいかなと思います。

1.17、3.11で亡くなられた方々のご冥福をお祈りしながら、
その方々が身をもって残してくださった教訓を少しでも
お役に立てさせていただきたいと思います。
[PR]
by bakin_yume | 2015-01-17 22:32

新しい年だ

2014年の年明けです。平成26年、故小渕恵三氏が官房長官時代に「新しい元号は『平成』です」と紹介された映像を思い出しますが、もう、25年経ってしまったんですね。
今年の干支は、甲午(こうご)、「きのえうま」ですね。
干支は、十干と十二支を合わせた十干十二支を干支とよんでいるそうです。
十干は、中国の「殷」の時代に太陽の巡りを数えるための数詞に十干が有り、1ヶ月を上旬、中旬、下旬と10日ずつ分けたその10日が十干だそうです。
十二支は、同じく「殷」の時代に、12年賭けて天を一周する木星の軌道上の位置を占めるための数詞だったそうです。
 馬は、後から割り当てられたそうで、本来の「午」の意味は、あまり良くないようです。ことしは、4月に消費税の増加も有り、アベノミクスの夢も「午」にならないように祈りたいですね。

昨年は、富士山が世界遺産に登録されました。富士山だけでなく、三保松原を含む周辺25箇所が含まれています。

千葉からも東京湾を越えてよく見える時があります。しかし、ふもとから雲におおわれて輪郭すら見えない時があります。

私は毎月新幹線出往復していますが、実に不思議な山です。京葉線から品川、小田原あたりまでくっきり見えていた富士山が、新富士駅から広がるすそ野がわずか見える程度の時もあります。

「午」に負けないで、みなさまが幸せな1年で有りますように。

   新幹線の車窓より(2013年12月16日)
a0247884_1115839.jpg



   千葉ポートタワーより (2013年12月22日 撮影T)
a0247884_1124480.jpg

[PR]
by bakin_yume | 2014-01-01 01:50