今を生きる私たちが、未来の子どもたちにどんな千葉を引き継ぐことができるか、一緒に考えることができれば嬉しいです。          


by bakin_yume

外来種 タイワンタケクマバチ

愛知県の実家で昨年から見かけるようになった黒いハチ、
クマバチのようでクマバチより小さい。

実家には竹(真竹かなあ)が毎年育っています。    a0247884_13550931.jpg
それを切って垣根や支柱などに使っていました。
ところが、今年はあの黒いハチがブンブン、
よーく見ると 切って置いてあった薄茶色に
変わった竹に人差し指の入るぐらいの穴が幾つか
開いています。
観察していると その穴にハチが入っていきます。
人の近くを飛んでいても 襲ってはきません。

調べてみると「タイワンタケクマバチ」のようで          
2006年に愛知県豊田市でみられ、                       愛知県HPより        
その後、愛知県と岐阜県に広がっているようです。   

大きさは2センチから3センチ位内、
ホバリングが上手ですね。
ミツバチ科だそうで、すぐ近くを通っても 襲って履きませんが、
巣をつくった場合は危険だそうです。
竹に止まっているのに気づかず、竹をもった時に指先を刺されました。
応急処置でひどくならず、ホッ。

輸入された竹についてきたようですね。

これから切った竹を利用できないのかなあと、困った。
切って置いてあった竹も処分しないといけない、困った、困った。

千葉も竹林が多いですね。何年もすればやってくるのでしょうか。






[PR]
by bakin_yume | 2015-05-28 14:12 | 自然