今を生きる私たちが、未来の子どもたちにどんな千葉を引き継ぐことができるか、一緒に考えることができれば嬉しいです。          


by bakin_yume

千葉県における長期管理施設候補地 (その 1)

5月26日 蘇我勤労会館で「千葉県放射性廃棄物を考える会」主催の a0247884_11094348.jpg
「処分問題を考える蘇我地区住民集会」が有り、行ってきました。
その報告も兼ねて。


4月末に 新港クリーンセンター近くの千葉市中央区の
東京電力火力発電所の敷地内に「放射性物質を含む指定廃棄物の
処分場が候補地に選定されました。




a0247884_11132931.jpg

新港クリーンセンターには年には何度も自己搬入
しています。JFEの引き込み線をわたって
クリーンセンターまでの道、3.11以前はそうでは
無かったと思いますが、3.11以後 道が波打っています。
3.11直後、浦安の道路を走った時を思い出します。
おそらく、液状化の影響かと思います。

約1年を掛けて 6回の有識者会議と4回の市町村長会議を経て
今年4月24日に環境省から、森田県知事、熊谷千葉市長に選定結果
報告が有りました。

現在、千葉県内でも新港清掃工場ほか18ヶ所に一時保管されています。

「指定廃棄物」とは
8000ベクレル/㎏超の放射性セシウムを含み、環境大臣が
指定した廃棄物のことで、管理は放射性物質汚染対処措置法に
基づいて、国が処理を行う。

この8000ベクレル/㎏が安全かどうか、人体への影響がどうか、
専門家でもそれぞれ言うことが違うと思います。
私は、管理を国が行う事自体、安全でないからだと
単純に思っています。

まとめると個人的意見が入ってしまうので、
以下、少しずつ 読んでみてください。

環境省 放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト

パンフレット(簡単でわかりやすいです)

千葉県における取組


                           つづく


[PR]
by bakin_yume | 2015-05-27 22:54 | 原発・放射能・再生可能エネルギー