今を生きる私たちが、未来の子どもたちにどんな千葉を引き継ぐことができるか、一緒に考えることができれば嬉しいです。          


by bakin_yume

新しい年だ

2014年の年明けです。平成26年、故小渕恵三氏が官房長官時代に「新しい元号は『平成』です」と紹介された映像を思い出しますが、もう、25年経ってしまったんですね。
今年の干支は、甲午(こうご)、「きのえうま」ですね。
干支は、十干と十二支を合わせた十干十二支を干支とよんでいるそうです。
十干は、中国の「殷」の時代に太陽の巡りを数えるための数詞に十干が有り、1ヶ月を上旬、中旬、下旬と10日ずつ分けたその10日が十干だそうです。
十二支は、同じく「殷」の時代に、12年賭けて天を一周する木星の軌道上の位置を占めるための数詞だったそうです。
 馬は、後から割り当てられたそうで、本来の「午」の意味は、あまり良くないようです。ことしは、4月に消費税の増加も有り、アベノミクスの夢も「午」にならないように祈りたいですね。

昨年は、富士山が世界遺産に登録されました。富士山だけでなく、三保松原を含む周辺25箇所が含まれています。

千葉からも東京湾を越えてよく見える時があります。しかし、ふもとから雲におおわれて輪郭すら見えない時があります。

私は毎月新幹線出往復していますが、実に不思議な山です。京葉線から品川、小田原あたりまでくっきり見えていた富士山が、新富士駅から広がるすそ野がわずか見える程度の時もあります。

「午」に負けないで、みなさまが幸せな1年で有りますように。

   新幹線の車窓より(2013年12月16日)
a0247884_1115839.jpg



   千葉ポートタワーより (2013年12月22日 撮影T)
a0247884_1124480.jpg

[PR]
by bakin_yume | 2014-01-01 01:50