今を生きる私たちが、未来の子どもたちにどんな千葉を引き継ぐことができるか、一緒に考えることができれば嬉しいです。          


by bakin_yume

利根川調整池 ~八ッ場ダムは要らない~

4月28日、利根川下流域の調整池見学と「美しい手賀沼を愛する市民の連合会」との意見交換会に参加しました。

千葉県と茨城県の県境を流れる利根川をはさんで 田中調整池と稲戸井調整池と菅生調整池があります。見学をしたのは千葉県側の田中調整池と茨城県側の稲戸井調整池でした。
a0247884_0382265.jpg
(荒川上流河川事務所より)
調整池といっても、池になっているのではなく、普段は農地であったり、空き地であったりしています。
a0247884_056352.jpg

a0247884_0571610.jpg

千葉県柏市・我孫子市にある田中調整池は、普段は農地になっていて、ちょうど田植えが始まっていました。利根川の囲繞堤(いじょうてい)と周囲堤に囲まれた11.75K㎡の広さで 洪水の時には越流堤(えつりゅうてい:囲繞堤より約3m低くなっている)を超えて流れ出た川の水を6100万㎥貯めることができます。洪水が治まれば、排水門を通して、調整池の水は利根川に戻されます。


昭和30年以後、今まで、台風シーズンの7~9月の間に15回越流していますが、3日~1週間で排水を完了しています。心配されるのは 育った稲などですが、稲は2~3日冠水しても持ちこたえることができるそうですし、不十分ながら、共済組合から補償金が出るそうです。
上は、調整池になる農地、中は手前の低いところが越流堤、高いところが囲繞堤、下は排水門
a0247884_16793.jpg








対岸の茨城県取手市にある稲戸井調整池は現在国有地がほとんどで(国が買い取ったそうです)4.48K㎡で、現在は約1900万㎥の容量があります。国は、容量を増やすため、掘り下げる計画をしているそうですが、野鳥や野草などの恵まれた自然が破壊されることが懸念されています。
a0247884_18378.jpg
稲戸井調整池の越流堤(向こう側に深さをあらわすメモリがあります)






今回は見学できませんでしたが、菅生調整池は 5.92K㎡、約2850万㎥の容量があるそうです。

ここで、問題なのは、群馬県の吾妻郡の八ッ場ダム建設計画です。昨年末 国土交通相が、中止されていた八ッ場ダムの建設再開を表明しました。
この、八ッ場ダムの建設の目的の1つである洪水調節容量は、6500万㎥といわれています。現在の利根川下流の3つの調整池の容量は田中調整池が6100万㎥、稲戸井調整池は1890万㎥、菅生調整池は2850万㎥で、計10840万㎥。八ッ場ダムの調整要領を優に超えています。

1年半前、八ッ場ダムに訪れました。紅葉のきれいな時期でもあり、吾妻川渓谷は日本の美しさを十分に味わえる自然豊かな場所でした。しかし。吾妻川に臨む湯河原温泉は、閉館した温泉あり、閉店した店があり、さみしい温泉街でした。もっと、驚いたのは、水没する村の移転先の光景です。先祖を祭る墓地もそこに据え置かれたような有様であまりにも人の気持ちを無視しているようで悲しみを覚えました。

来月にはその八ッ場ダムの予定地を訪れたいと思っています。
[PR]
by bakin_yume | 2012-04-29 23:50 | 公共事業